耐用年数の長いガルバリウム鋼板で屋根リフォームが完成しました|東京の屋根修理ならお任せください。

●
●
  • voice
voice

耐用年数の長いガルバリウム鋼板で屋根リフォームが完成しました

我が家は、築50年以上の日本家屋です。瓦は強く100年でも使えると父がよく言っていましたが、台風時には暴風による揺れがひどく、地震時にも震度以上の揺れを感じることもあります。それは重い瓦屋根の影響でもあり、近年の建築では地震対策として軽量の屋根材にシフトしていることを聞きました。
屋根リフォームを決めたのは2か月前の大きな台風の後のこと。瓦が何枚も飛んで雨漏りした際、屋根修理業者さんに来てもらったのですが、無料屋根診断をしてくれたおかげで屋根材の劣化状態を初めて知り、修繕を機会に葺き替え工事することを決めました。
瓦を全て下ろし、屋根下地や野地版もメンテナンスしてくれて、新しい屋根材のガルバリウム鋼板に葺き替え工事をして頂いたのです。
瓦を下ろしてみると下地の老朽化が想定以上に進んでいたようで、改めて葺き替え工事をしてよかったと思いました。
耐久年数も長く、メンテナンスフリーなのもガルバリウム鋼板のメリットで屋根リフォームに大変満足しています。
voice

東京で屋根修理・リフォームを検討されている方は当社へお任せ下さい

屋根は、紫外線や風雨から家を守る大切な部分です。適切なメンテナンスを行うことで家を長持ちさせることができ、メンテナンスを怠ると屋根材や家の腐食、老化が進み思わぬ失費を伴うこともありますので、定期的な屋根点検を専門業者へ依頼することをお勧めしています。
リフォームの必要が現状なければ安心ですし、劣化が発見されれば早急な修繕が必要です。
当社では、皆様に気軽にご利用頂けるよう屋根の無料点検を実施し、ご家族を守る大切な屋根を通じて、少しでも多くの方へ安心や幸せをお届けしたいと考えています。
「屋根の葺き替え」工事は、すでに敷かれている屋根材をすべて撤去して新しい屋根材に変える方法と、既存の屋根を撤去せず、現在の屋根の上に新しい屋根材を被せる「カバー工法」の2種類があり、瓦やセメント瓦、波板ストレートなどの屋根にはカバー工法が適用出来ません。
屋根葺き替えの際、お手入れ不要で高耐久性、超軽量で断熱・遮音・防水性に優れたガルバリウム鋼板の屋根材をお勧めしています。災害に強く、30年保証があるのもポイントです。

PageTop

Copyright(C) 屋根修理 東京 All Rights Reserved.